前下がり 右肩上がり

どうせなら前向きに
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    どす黒い気持ちも受け入れて
    0
       何となく、私は生理前はどす黒い気持ちに侵されます(;つД`)
      こればっかりは仕方ないので、思わないようにするというよりも、
      思っている自分を受け入れて、やり過ごすしかないんだなと感じるのです。

      誰しも、同じ事情で生きてるわけでもなければ、背負っているものだって違うと思う。
      感じ方だって人それぞれで、正しいも間違いもないと思う。


      どうして、私の赤ちゃんは生きることができなかったんだろう。
      妊娠した途端、お花畑いっぱいで知らないうちに人を傷つける人だって
      赤ちゃんを産めるのに(´;ω;`)ウッ…

      ってな具合に、他の人がうらやましくなるのは、もう正直な気持ちなんじゃないか、と。

      そう思うからこそ、そう感じる事ができるからこそ、
      他の人に対して、より深い所まで気を配る事ができるようになるんじゃないか、と。

      以前、宇多田ヒカルちゃんのブログを見ていて、
      「生きていれば、得るものばかりだ!」という言葉を見て、思ったのです。

      失ってしまったものに思いを馳せる、って場面が私はよくあったんです。

      でもね、失ったのではなく、いろんな事を考える機会が増えに増えて、
      妊娠を望んでなくてテキトーに暮らしていた時に比べて、
      本当に多くの感情を知ることができたんですよ。

      それはどす黒かったり、あまり人には言えない後ろ向きな事だったり、
      夫に言っちゃうと、キレられかねない事だったり…。

      でも、それはキレイゴトだけでは済まされない、人生を生きているから、
      仕方のない事で。

      同じ事、何回も言っちゃうけど、
      そんな気持ちを経て、初めて私は他の人の気持ちを慮れるようになったんです。

      だから無駄ではない、と思うのです。

      現実問題、思ってしまう事を「思わないようにしなきゃ!」ってのは難しいものがある、ってのも本音なんですが…。



      何でこんな記事を、まとまらないながらも書いたのかと言うと、
      いつも拝見させてもらっているブロガーさんが、
      こんな風に正直な気持ちを吐露なさっていて、
      批判を浴びていた為です。
      (もちろん、共感されていた方も大勢いらっしゃいました。)

      私の場合はどうだろう、って考えを記事にしてみました。
      まとめきれてはないな(;´Д`)

      にほんブログ村 マタニティーブログ 子作り・家族計画へ

      にほんブログ村 家族ブログ 子供待ち夫婦(夫婦二人)へ
      | annosuke | 思うこと | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      千と千尋の神隠し
      0
         よくわからんタイトルですが、金曜ロードショーでしたね。
        千と千尋の神隠し。

        DVD持ってるんですが、何となく見てしまったΣ(・ε・;)

        年齢が上がるにつれて、感動するところが変わってきますね。

        私は最後のエンディングロール?エンドロール?んとこの、
        いつも何度でもで号泣してしまったー!

        「悲しみの数を言い尽くすより 同じ唇でそっと歌おう」

        「海の彼方にはもう探さない 輝くものは いつもここに
        わたしの中に見つけられたから」

        ってとこで号泣ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!
        もはや、本編関係ねー!
        (歌詞書いていいのかしら?)

        何というか、今の私にはメモしたいくらい大事な言葉ね。(なぜおねぇ言葉…?)
        流産して悲しいって事にとらわれすぎて、何もできなくなるのは嫌だもんね。


        あと、夫は普通にご飯食べました。静まり返る食卓で。( ´,_ゝ`)

        またちょっと小競り合いはあったものの、明日ゴルフで早いので早々と寝室に行きましたとさ。


        排卵日あたりまでに、ちょっとがんばって夫と仲直りしてみよかな…。
        お互い素直じゃないので、困り者ですわ。(´;ω;`)ウッ…
        | annosuke | 思うこと | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        カラスミパスタとリセットと
        0
           

           写真はK-xで撮影した、カラスミパスタです。
          やっぱ一眼レフで撮るのは難しー!

          義両親の旅行のお土産でもらったカラスミで、夫がパスタを作りました!
          カラスミなんて高級なものを食べたことなかったのですが、食べてびっくり。
          ( ゚Д゚)ウマー
          夫が作ったパスタも( ゚Д゚)ウマー

          ちなみにレシピは夫が作ったのでわかりません・笑

          私はひたすらにカラスミをすりおろしてました。


          さて、流産後2回目の生理がきてます。
          またしても、生理痛が尋常ではないキツさ Σ(゚д゚lll)ガーン
          今日は一日寝込んでました(´-ω-`)

          いよいよ次の周期から赤ちゃん挑戦します。
          なぁんか長い気もしますが、今年はあと少ししかないと考えると早いのかも。

          年末年始は流産後にはちとキツイ集まりが目白押しですが、何とか夫と相談してがんばりたいと思います。
          | annosuke | 思うこと | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          サマーウォーズと私。
          0

            ちょっと前の話題になるんですが、金曜ロードショーでサマーウォーズが放送されてまんまとハマッてしまいました。

            どうやら、テレビ放映用に再編集されてカットしたシーンなどがたくさんあるとの事。

            完全版が観たい!とソッコーでAmazonでブルーレイ版をポチッてしまいました。

            というワケで届いてから、何回も観たんですが、
            何でこんなに惹きつけられるのかについて考えてみたのですよ。


            まず、旧家で結構な家柄、つまり家族のつながりが強いという点を肯定的に描いているトコロ。
            一番の思い入れは、一番の新入り(だったと思う。)陣内奈々さんでしょうか。

            なんだか今年、結婚したばかりの自分と重ねているのでしょう。


            監督は細田守さんという方ですが、核家族だったと何かのインタビューで拝見しました。
            かくいう私も核家族、両親共働きでしかもひとりっこ。
            小さい時から結構淋しく一人で遊んでいた記憶があります。


            それが、結婚してアットホームな夫の家族の一員になり、いきなり環境が変わったのですな。
            そう、それは主人公の健二くんそのもの。(結婚はしてないけども。)


            健二くんは即座に自分の役割を見つけ出し、大活躍していましたが、
            そういうスカッとする展開に惹かれたんでしょうな、私は。


            現実はそこまでスカッと、アカウントを盗まれたり、それを親戚一丸取り返すぞ!おー!とかはならないんでしょうが、核家族出身の私にとって健二くんは何だか希望なのです。


            結婚してから、夫家の方たちにはとっても良くしてもらい驚きも多い毎日ですが、
            こんな毎日にも慣れていくんだろうなぁ。
            まだまだ、不慣れでいろいろ心配をかける私です。ノ(´д`*)


            サマーウォーズ 公式サイト

            | annosuke | 思うこと | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            今 敏さんとパプリカ
            0
               私がまだプログラマをしていた頃、デスマ(忙殺される状態をこう呼ぶ)の最中となりに座っていた先輩に渡されたDVD。
              それが「パプリカ」でした。
              オススメのアニメを教えてあげたお礼にもらったんですが、先輩のイチオシアニメらしく、これは見ておかないとと、残業終わり深夜にパソコンで観ていた事を思い出します。
              (自宅でね。)

              その当時、何回も何回も観たんですが、あれから月日も経ち内容が少ししか思い出せなくなってました。確か、カラフルな映像に感動したんですが。

              ですので、ニュースで今 敏さんが亡くなられたという話題を目にした時は、正直ピンとは来ませんでした。
              (その後、ちゃんと気付いたんですが。)

              そのパプリカを思い出す為に訪れた今敏さんのHPで、今敏さんの遺書を読ませて頂きました。
              もう号泣してしまいました。

              自分は死ぬとわかっていて、これほどまでに冷静に自分と向き合う事ができるのか。

              小さな事にとらわれ、悩む自分はいかに小物であるかを思い知らされました。
              そして、ただただこんな素晴らしい才能を失くしてしまうのが惜しいです。

              ご冥福をお祈りいたします。

              今日は夫も遅いようだし、パプリカのDVDを引っ張り出して観ようと思います。


              <今 敏 オフィシャル・サイト - KON'S TONE>
              | annosuke | 思うこと | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              + PROFILE
              + 第一子誕生!
              + 第二子誕生!
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>
              + ARCHIVES
              + PR
              + ランキング参加中
              にほんブログ村 子育てブログへ

              にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月〜12年3月生まれの子へ

              にほんブログ村 マタニティーブログ 帝王切開へ

              にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS